フラット35の審査に落ちたら他の住宅ローンも通らない?審査の厳しさで有名

住宅の購入を考えたときに、多くの人が住宅ローンを利用するでしょう。

特に現在は、超低金利時代なので長期のローンを組むのに適しています。

ただ、住宅ローンといっても種類が多くなっています。

その中でも、「フラット35」という単語を耳にしたことはありませんか?名称からはどんな特徴があるのか伝わりにくいですが通常の銀行ローンとどういった部分が異なるのか調べてみました。

メリットとしては、ずっと金利が変わらないので返済計画が立てやすいことや保証料や繰上げ返済手数料が発生しないということがあります。

デメリットとしては、金利が変わらないので低金利になると割高になることや独自の審査基準になるので場合によっては借入できないことがあります。

住宅は人生で最も大きい買い物とも言われています。

その際利用する住宅ローンですがネットで調べてみるとフラット35とフラット35sという2種類のプランがあります。

いったいこの2種類のプランはどういった部分が違うのでしょうか。

フラット35sは5年間、または10年間の金利優遇が適用されます。

購入する住宅が要件を満たしていると自動的に適用されるものです。

省エネ性やバリアフリー性を高めると基本的には物件価格が上がりますが耐震性、バリアフリー性などが入ります。

これらの要件を満たしていると特別金利のフラット35sが適用されます。

また、新築・中古かは関係なく活用できるのでぜひ活用してください。

ローン関連でたまに親子リレーという言葉を聞いたことはありませんか?どんな内容かというと親子2代でローンを返済しましょうというものです。

長期間固定金利のフラット35でも利用可能となっており、申し込みご本人の子・孫やその配偶者で安定した収入がある方など、3つの条件を全て満たしている場合に組むことができます。

この制度の有効な場面としては、親子で同居をしている場合や、親が高齢で住宅ローンが組めない場合などに有効です。

高齢だから短期間のローンしか組めない、と言った場合に有効です。

この制度は利用ができるので状況によっては利用しましょう。

利用ができるので状況によっては選択肢に入れても良いのではないでしょうか。

念願のマイホームを買う際に利用する住宅ローンですが種類が多くてどれを選んだら良いのか迷ってしまいます。

でも住宅ローンを利用するのは人生に1回の人が多く選び方がわかりません。

ここでは、ローンを選ぶ際のポイントをまとめてみました。

まず、初めに行うのは金利を変動型にするか固定型にするかです。

申し込み時の金利は低いけれど毎月の支払いが高くなる可能性のある変動型と毎月の支払い額が変わらないので返済計画が立てやすい固定型を選ぶかです。

変動型を選ぶ場合は金利が変わるので見るポイントがわかりやすいですが全期間固定金利のフラット35を利用する場合は金利以外の部分を比べる必要があります。

保証料や事務手数料などの金利以外の部分を比べる必要があります。

最近テレビCMなどで見かけるアルヒの住宅ローンですが、どんな会社か、ローン商品なのかあまり知らない人も多いと思います。

主な特徴としては、住宅ローンの1種であるフラット35の取扱実績件数が全国で1番多いそうです。

「ARUHI家の検索」という検索サービスも行っており、そこでは現在の勤務地や通勤時間などのカンタンな質問から、今の家賃と同じくらいの支払額で購入できそうな物件を検索できます。

通常は物件決定後に事前審査を行うのに対し購入予定物件が決まっていなくても事前審査ができます。

例えば事前審査は最短で当日に結果がわかることもあるようです。

国内には様々な住宅ローン制度があります。

銀行機関オリジナルのローンやフラット35のようにどこの銀行機関で契約しても基本的には同じ条件になるローンなどローン商品が多くてどれを選べばよいかわかりません。

他の人がどういった部分を比較してローンを決めているのでしょうか。

特に比較されているのは金利条件です。

単純に金利の数値を見ている場合もあれば将来的に金利が変わる可能性のある変動型にするか、一定の固定型にするかという部分です。

変動制の場合は銀行機関独自のローンになるので繰上げ返済手数料や保証料など銀行独自で設定できます。

みなさんが住宅ローンを探す際の参考にしてください。

住宅を買う際にフラット35の利用を勧められることがあります。

多くの人はCMなどで名称を聞いたことはあるくらいで実際にはどんなローンなのか、借りるための条件はあるのかといった詳しくは知らないのではないでしょうか。

ローンを利用するには、物件購入価格が1億円未満になっているか、床面積が基準以上の数字になっているかといった条件があります。

ローンの特徴としては、原則として物件価格の9割までしか借りられないことや全期間金利が変わらないことなどが挙げられます。

金利固定なので急に支払額が上がるといったことが起きないので余裕を持って返済計画を立てられそうですね。

ローンを借りる際に重要なことはなんでしょうか?他のローンや公共料金の支払い滞納が発生していないかという信用情報を挙げる人もいますが1番大切なのは借りた後の返済計画を立てておくことです。

例えば、住宅ローンやマイカーローンなどは借り入れ金額が大きく何年で返す計画にして毎月どのくらい支払うかを絶対に確認してください。

自力で計算して確認するのもいいですが大変なので利用するローンのサイトにあるシミュレーションを利用しましょう。

その際に、変動型の場合では金利変動の影響で支払額が変わるので固定金利のフラット35など別のローンを組んだ場合も確認してみてください。

参考:フラット35の審査に落ちたら他の住宅ローンも落ちる?【審査の厳しさ】

なかなか利用することのない住宅ローンですがなかなか使わないからこそ契約の流れもわからない人も多いはずです。

フラット35を例にして契約の流れを説明します。

新築で一戸建ての場合では、ローンの申し込み、設計審査を行い、設計審査の申請をして物件が基準を満たしているか審査してもらいます。

審査結果は約1週間くらいでわかります。

審査に合格したら着工し始め、工事途中や竣工後に現場審査の申請をしていただく必要があります。

竣工現場審査に合格したら借り入れの契約や資金の受け取り、登記や抵当権の設定などの手続きが行えます。

長期間に及ぶローンといえば住宅ローンなどがありますが。

あまり周りの人に相談するものでもなく、どれを選んだら良いかわからないという人も多いはずです。

専門家に相談するのが一番だと思ってもどこに相談にいけばいいのかわからないという場合もあります。

固定金利でおなじみのフラット35について聞きたい場合は各銀行窓口へ行くのも良いですが住宅金融支援機構が開いている相談会に行くのがオススメです。

この相談会に行く場合は予約が必要なようなのでHPで会場や日程などの情報を確認しましょう。

テレビでおなじみのフラット35ですが、中古物件でも利用できるの?という質問を聞きます。

結論から言えば要件達成で利用できます。

その要件の例としては、床面積の広さや購入価格が1億円以下の住宅かという条件です。

他にも、中古ならではの条件があり、申込日の時点で竣工日から2年以上経っている、すでに人が住んでいたことがあるかという条件です。

もし新築で建てた住宅に対してのローン借り換えを行う場合は中古住宅扱いになるのでこれらの条件を満たしている必要があります。

そのためローンの借り換えを行う時も条件に気をつけてください。

人生で最も高価な買い物と言われる住宅ですがなかなか一括で買うことはないと思います。

その場合、住宅ローンを利用して住宅を購入しますよね。

その際、変動型にするのか、固定型にするのか悩みますよね。

返済計画を重視する方はフラット35を利用しましょう。

10年前に比べ、金利が低く推移してきているので長期間のローンを組むのにいい時期といえます。

金利だけを見ると変動型の方が低いですが金利変動で毎月の返済額が高くなることもあります。

返済計画が立てにくいデメリットがあります。

住宅を購入する資金調達時に利用する住宅ローンですが多くの住宅ローンでは、購入する物件が決まってから事前審査を始めます。

物件の価格など、場合によってはローンが組めないこともあります。

また1から物件探しをすることがないようにいくらまで借りられるのか知りたいところです。

フラット35で借りられる金額の上限の決め方は8000万円以下または建築費や取得するための価格以下となっています。

事前に年収や毎月の返済予定額などから借入可能額が確認できます。

他の機関のサイトにも借入シミュレーションがあるので「ARUHIの家検索」というサービスなど各金融機関のシミュレーションを利用しましょう。

事前に借入可能額が分かっていれば物件探しも行いやすいですね。

住宅を購入する際の資金調達で強い味方になる住宅ローンですがローンなのでもちろん審査に落ちることもあります。

基本的にローンに落ちる可能性が高いとされているのは過去に別のローンを組んでいて支払いを滞納している場合や借り入れ希望額に対して年収が低いなどといった場合が挙げられます。

フラット35など多くのローンで言えることですが年間の返済額が年収の約3割以内に収まっているかという部分も重要です。

例えば、今回のローンでの返済額は年収の3割以下に収まっていたとしても他に車のローンや以前リフォームしたときのリフォームローンが残っていて合計すると目安の約3割を超えてしまい断られることもあります。

長期間固定金利で検討する人の多いフラット35ですが、申し込む際に金利以外で確認しなければいけない内容があります。

それは事務取扱手数料や登記関係でかかる諸費用です。

他にも、銀行機関によっては繰り上げ返済時に手数料がかかるローンがあります。

事務手数料の目安は借り入れ金額の2%くらいが一般的なようです。

また、借り換えをする際には、新たにローンを組むことになるので再度、事務手数料などの費用が必要です。

金利を下げて得られる借り換えメリットとこれらの諸費用を比べて借り換えを行わない決断をする人もいます。