土地家屋調査士取得方法

土地家屋調査士とは、不動産の表示に関する登記について必要な土地や家屋に関する調査・測量をする業務を行います。

法務省管轄の国家資格です。

土地家屋調査士の資格を取得すると、不動産手続きの登記代理をしたり、土地の境界腸の特定に関する民事紛争の解決手続きの代理を行うことも可能です。

個人開業のほか司法書士事務所や法律事務所などでも活躍することができます。

この土地家屋調査士の資格取得方法ですが、国家試験を受けることになります。

受験資格の制限はありません。

ですが、測量士・測量士補・一級及び二級建築士の資格を持っている方は、試験の一部免除があります。

試験は一次試験と二次試験から成り立ちます。

一次試験は土地家屋調査士についてよ不動産表示に関する登記に関しての試験が行われます。

二次試験は平面測量に関してと作図に関しての範囲が出題されます。

これらの試験に合格すると、後日同じ出題範囲で口述試験を受けなければなりません。

測量や作図などに関する技術などを勉強されることをお勧めします。

試験は年に一度のみ。

お住まいの地域にある法務局へ問い合わせると試験要綱などを入手することができます。

また法務局のホームページからも詳しい受験に関する情報を入手することができます。

勉強法としては、通信講座に頼ることも一案ですが、このほかに調査士六法という法律に関する参考書や、出題範囲にある内容の問題集なども数多く販売されています。

少しでも理解を深めるためには、数多くの問題集を解かれることをお勧めします。