ピロリ菌と口臭の関係は?

ヒトの胃に感染して胃炎などを起こす「ヘリコパクター・ピロリ」、通称ピロリ菌は口臭に関係している細菌です。

日本人の40代以上は70%以上が感染していると考えられている事から、ピロリ菌は非常に注目を集めています。

ピロリ菌が口臭に影響を及ぼすということはピロリ菌の検査方法である“尿素呼気テスト”でも証明されており、ピロリ菌感染者は呼気にアンモニアが通常よりも多く含んでいます。

アンモニア臭は臭気の代表的なものであり、ピロリ菌に感染することで口臭が臭くなるというのは事実です。

〈ピロリ菌の口臭対策@〉ピロリ菌は慢性胃炎の原因ともなる人間の胃に感染する細菌です。

ピロリ菌は胃炎、胃潰瘍など重大な病気に発展してしまう事から除菌を行う事で胃炎、胃潰瘍などの予防が行える事に加え口臭も改善する事が出来ます。

除菌療法は薬を服用する事で効率的に除菌を行う事が出来ます。

ピロリ菌の除菌療法は保険適応で受ける事ができます。

〈ピロリ菌の口臭対策A〉口臭の原因となるピロリ菌は病院による除菌治療の他にも対策を行う事ができます。

近年ピロリ菌を除菌するヨーグルトが販売されています。

ヨーグルトでのピロリ菌除菌は薬のように即効性はありませんが、継続的に摂り続ける事で整腸効果や口臭にも効果など様々な効果があります。