資格に関する情報サイトへのリンク

資格には、いくつか種類がありますが目的で分類すると、その資格がないと仕事ができない教員免許や社労士、行政書士などの独占業務資格、特定の業務を行う際に必要な、宅建や食品衛生管理者などの設置義務資格、その資格をもっていることで一定の能力があると認められる簿記などの資格、趣味などの学習の過程で進行度の確認として与えられるものなどがあります。

就職に役立つのは前の3つですが、資格を持っているからと安心はできません。それプラス何ができるかという点をアピールできて初めて戦える資格と言えるでしょう。