化粧品の添加物って?

化粧品には添加物が含まれていることがありますが、添加物とはどういったものがあるのでしょうか。

もちろん基本的には肌にとって悪い成分は入っていませんが、中には注意しなければならない場合もあるのです。

化粧品には7000種類以上もの成分が配合しても良いという許可を得ているのですが、実は全てにおいて安全性が認められているわけではありません。

ですから、場合によっては発がん性のあるものが含まれている可能性も考えられます。

成分名を表示することが義務づけられているだけで、安全性については確認されていなくても化粧品に配合することができるため、そういった危険性があることを踏まえた上で化粧品を選ぶ必要があるのですね。

具体的に化粧品に含まれている添加物として多いのが、酸化防止剤です。

これは酸化してしまうのを予防するために配合されているのですが、BHAやBHTというものは発ガン性の可能性があると言われているものですので、こういった表示があるようであればその化粧品を購入しないようにした方が良いですね。

また、ニキビ用化粧品に含まれていることのある殺菌剤は、アクネ菌を殺す目的のために含まれていることが多いのですが、あまり多く含まれていると肌に負担が掛かってしまうこともあります。

敏感肌の方は特に、殺菌剤が含まれていないものを選ぶようにしましょう。

なかなか化粧品に配合されている成分名だけ見ても、良いものなのか悪いものなのか判断はできないと思います。

しかし、悪い成分はインターネット上でも紹介されていますので、まずはどういったものが悪い影響を与える可能性があるのかを知ることが大切ですね。